美白美容液KL183

トラネキサム酸の効果が出やすいシミはどんなシミ?

ひざ下脱毛

トラネキサム酸はアミノ酸の一種ですが、1979年に肝斑の改善効果が研究によって報告されており、それ以降は医療分野・美容分野での活用が進んだ分野となっています。

近年では美白美容液への配合例も多く、一般にも馴染みがあると共に常用され易い成分です。
メラノサイトと呼ばれるメラニン生成細胞に対して、その働きを促す伝達物質・酵素の役割を阻害するという形でトラネキサム酸は効果を発揮します。
また、止血作用やアレルギー性の炎症物質の発生を抑える働きも有しています。
こうした性質から、日焼け等による腫れやほてりを伴う初期のシミやその予備群に対して使われると、シミ自体の生成を抑える方向で効果を発揮するので特に有効となります。

エラグ酸の効果が出やすいシミはどんなシミ?

ひざ下脱毛

美白美容液などに使用されているエラグ酸というのはイチゴやブルーベリーなどの果物に多く含まれているポリフェノールの一種であり、抗酸化作用があることがわかっています。

抗酸化作用ということで老化防止にも役立つとされているのですが、このエラグ酸はメラニンを黒くするチロシナーゼ成分の働きを抑えるという働きがあります。
メラニンは肌を黒くしたりシミのもとになることがわかっていますが、メラニンを黒くするチロシナーゼ成分があることでメラニンが黒くなってきます。
エラグ酸はこの成分の働きをおさえてくれるのです。
また美白効果もあることから美白美容液にも使用されているのです。
エラグ酸の効果が出やすいシミというのは、日焼けをしたあとなどチロシナーゼ成分によってシミになるまえに使用してその働きを抑え美白をするといいです。

コウジ酸の効果が出やすいのはどんなシミ?

ひざ下脱毛

コウジ酸は、お酒をつくる杜氏の手が白いことから研究が進められて1988年に美白成分として認められました。

美白美容液にもコウジ酸はよく使われていますが、コウジ酸の働きはメラニンを抑制することです。
どんなシミにも幅広く対応してくれる優れモノで、古くからできたシミにも新しくできたシミにも対応してくれます。
また効果が高いにもかかわらずお肌に優しいので、皮膚科でも使用されています。
お肌の漂白剤といわれているハイドロキノンが強すぎる場合にコウジ酸クリームを処方してシミの治療をします。
コウジ酸は、お肌の黄ぐすみやシワやタルミにも効果があることがわかっています。
効果を高めるためには、1週間に1〜2度のピーリングをすると効果の高まることが期待できます。

アルブチンの効果が出やすいシミはどんなシミ?

アルブチンはシミの元となるメラニンが活性化する際に起こる酵素チロシナーゼを抑える作用があります。
酵素チロシナーゼとはチロシナーゼがメラニンを酸化させ、黒くしてしまうことなので、この酸化を阻害し、シミを予防する作用があります。
アルブチンは強い美白作用をもつハイドロキノンとブドウ糖を結合したもので、ハイドロキノンよりも肌への負担は少ないですが、肌に入ると一部はハイドロキノンと同じ働きをするため美白効果があるとされています。
アルブチンは特に紫外線によりできたシミに効果が期待できます。
アルブチンはビタミンCと一緒だとより高い効果を発揮します。
アルブチンとビタミンCが配合された美白美容液を選ぶようにしてください。

ビタミンC誘導体の効果が出やすいシミはどんなシミ?

ビタミンC誘導体は、本来肌に浸透し辛いビタミンCを肌に浸透しやすく改良されたものです。
ビタミンC誘導体には、様々な効果があります。
ニキビ予防やできてしまったニキビの炎症を抑える効果、メラニン色素を作るのを邪魔する効果があるので、紫外線によるシミ予防効果、コラーゲンの合成を促す効果、皮脂を抑える効果、しわの悪化を食い止める効果があります。
出来てしまったシミの中で、効果が出やすいのは、目の下のくま(●茶ぐま・・・目を擦る人にできやすいくま●黒ぐま・・・たるみによって黒くみえるくま●青ぐま・・・皮膚が薄く、目の下の血液が青黒くみえるくま)やニキビ跡がシミのように残ってしまった炎症性色素沈着に効果があるようです。
ビタミンC誘導体が肌に与えるメリットは多数あるので、ビタミンC誘導体が含まれた美白美容液を季節問わず、お使い頂くことをお勧めします。